無利息キャッシングの存在意義

キャッシングが無料で出来ちゃう無利息キャッシング。
無料でキャッシングした所で、貸す側に儲けがあるわけもなく、なんで無利息キャッシングなんてものがあるのか?
とっても不思議で仕方なかったんです。


給料日まであと数日、でもお金がピンチ!
お金を借りたいけどたった数日のために利息払うのは嫌だな…
そんなとき、便利なのが無利息キャッシング。
借りる側からすれば、ありがたいの一言に尽きる。
無利息キャッシング様様です。


あれれ?でも、無利息期間中に返せなかったら?
もちろん金利がかかるわけで。

ああ、そうか。

それで多少なりとも企業側には利益が出るわけです。
無利息キャッシングが無利息であるかどうかは、返す側次第なんですね。


なるほど。

それに、無利息キャッシングを一度利用した人が、その後入り用になったときに、キャッシングを利用することもあるかも。

無利息キャッシングは集客するためのひとつの手段でもあるのかもしれません。


やっぱ、利益を追求する企業が考えることに、企業にとって無駄なものってひとつもないんだなーと関心しました(笑)。

無利息キャッシングの存在意義が、借りる側だけでなく、ちゃんと貸す側である企業にもあるのだと、やっと気づいたのでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56507739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ノーローン
Excerpt: ノーローン 「ノーローン」とは、新生銀行グループのファイナンスのシンキが扱っている、一週間無利 息ローンのことです。「ノーローン」の名前は、広告などでご覧になっ...
Weblog: あんしんキャッシング辞典
Tracked: 2007-09-26 18:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。